【目の疲れ】どうすればいいの?

スポンサーリンク 

【目の疲れ】大丈夫ですか?

 

パソコンやスマホを使いすぎて目を酷使していませんか?

 

FANCL えんきんは日本初 目の機能性表示食品です。

 

公式サイトはこちらから↓

 

ファンケルのえんきん

 

 

現代社会はパソコン・スマホ・タブレット・テレビなど大きく進化しています。

 

 

パソコン、スマホ、タブレットなどの進化とともに目への負担も大きくなってきましたょね。

 

 

私も目の酷使に悩まされているひとりです。

 

 

目の疲れを感じたり、黄斑変性など目に関する病を患う方も少なくはないのが現状のようです。

 

 

 

多かれ少なかれ物事のすべてが目を使わなくてはなりませんので目は酷使されていると言えるでしょう。

 

 

しかしブルーライトが目への負担を大きくしているといわれるが、日常においてパソコンやスマホなどを全く使わないということができるでしょうか?

 

 

仕事では、もちろんですが、仕事以外でも、パソコンやスマホを全く使わない生活はできないのではと思います。

 

 

私もできませんが、最悪、もしも目が使えなくなったらと考えるとこわくなりますね。

 

 

パソコンやスマホなどとの上手なつきあい方を考えたり目サプリメントなどで、目への負担を少なくすることは大事なことではと思って目のケアを大事にしています。

 

 

 

目の疲れの症状や原因はいろいろあります。

 

 

目のかすみ、充血、頭痛、頭が重い、肩こり、目の痛みなどなどそれぞれの方によって症状や感じ方もいろいろあります。

 

 

今やインターネット社会です、各企業ばかりでなくパソコン作業をする方はますます増えるばかりでしょう。

 

 

デスプレイを見続ける機会が多くなりブルーライトなど、目への負担も大きくなってきているといわれています。

 

 

デスプレイ画面を見つめているとまばたき回数が少なくなり目が乾き、ドライアイになることもあるともいわれています。

 

 

私もドライアイが心配なので意識的にまばたきをしています。

 

 

まばたきは、ドライアイ予防に簡単な方法であると私が定期的に通院している眼科の先生が言っていました。

 

 

適度に目を休めたり、近くばかり見つめている目から遠くのものを見るなどして目のピント調節もしてみましょう。

 

 

定期的な眼科検診や目薬を使ったり、パソコン用メガネを利用したり、温パックをしたりと目の疲れをいやすことも必要でしょう。

 

 

 

目に良い食材は?

 

目の疲れ、目の老化、緑内障などに良いというアスタキサンチンを含んでいる鮭やルティンを含むホウレンソウなどの緑黄色野菜、アントシアニンを含むブルーベリーなどを摂りましょう。

 

 

ビタミン類(A、B2、B12、D、E)、DHA、EPAなど、目の健康に欠かせない栄養素を含む食材をまんべんなく摂りましょう。

 

外側からのケアだけではなく目に良い食材など、内側からのケアも大事にしましょう。

 

 

目を使いすぎている現代社会においてパソコンやスマホを無にすることはできません。

 

ならば、目のケアをきちんとすることが大切だということを忘れてはならないでしょう!

 

【ファンケル】スマホ・パソコンで1日中がんばる目に!えんきん♪